本来の自分を取り戻す自然作業療法

【自然のなかで心身調律】

【自己肯定感】永遠に頑張り続ける思考からの脱却

f:id:ot3life:20191129190805j:plain

頑張って頑張って、なまけちゃダメ。

 

辛くて、肩がこって、頭痛があっても、やらなきゃダメ。

 

今までずっとそうしてきたし、そうするのが普通だと思ってきた。

 

だから、言われてはじめて気づきました。

 

休んでもいいんですね、、、。

 

 

 

臨床で治療をしていると、しばしば、こうした思考をしてしまう方にお会いします。

 

体調を崩しても、精神的にボロボロになっても、やらなきゃダメな人間だと、疑うことなく自分を追い込みます。

 

これは、何かを得るためには必要な事かもしれませんが、この永遠に頑張り続ける思考では、いつまで経っても、その方の望むところにたどり着けないかもしれません。

 

一時的に何かを成し遂げたとしても、それ以上に足りないものに気づいてしまうのです。

 

この記事では、なぜ頑張り続けてしまうのか、本来の自分の姿に近づく方法をお伝えします。

 

 

 

なぜ頑張り続けてしまうのか

 

自分のことに対して、自分でわかっている顕在意識は1割ほどと言われております。9割以上は自分でもわからない意識で、潜在意識と呼ばれています。

 

普段"自信がない"と思っている方の、その奥にある潜在意識は、"自分のことをダメな奴"と思いこんでいます。

 

”人にどう思われるか気になり、本当の自分が出せない”心の奥には、”本当の自分は悪い、足りない”と思いこんでいるからです。

 

”やりたいのに踏み出せない、難しい、無理だと思う”方も同様に、”自分にはやれる力がない、責任を負う力がない”と思いこんでいるからです。

 

つまり、悩みの根底にあるものは、すべて自分の作り上げた思い込みであり、自己肯定感の低さが影響しています。

 

 

そのままの自分ではダメだ、本当の自分はダメだといった強い”思い込み”のことを心理学用語でスキーマといいます。

 

このスキーマは実態がないため、信じなければ存在しないのですが、ほぼ全ての方が、このスキーマに影響を受けているといわれます。

 

というのも、このスキーマは、なにも出来なかった幼少期のころに受けた、親のしつけなどがベースになっているからです。

 

これは親のしつけが悪かったのではなく、自立するまで時間のかかる人間にとって、無力な時期が長いため起こるのです。

 

 

f:id:ot3life:20191129191038j:plain

思い込みを現実と感じてしまう理由

 

でも、思い込みじゃなくて、本当に自分にはできないからと思うかもしれません。

 

できない証拠をみつけて、傷つき続ける方は、「どうせ...」、「やっぱり〇〇だ」などと、できない理由を並べがちです。

 

 

また、毎回、危険を避けてしまう方もいます。"言わない、やらない、関わらない"と、すぐに回避してしまいがちです。

 

 

今回のタイトルである永遠に頑張ってしまう方は、”自分はそんな人間じゃない、そんな人間じゃダメだ”と、ずっと戦ってしまいます。

 

 

いずれの場合も、こうしたガチガチ思考を緩めることができれば、本来の自分の姿に近づきます。

f:id:ot3life:20191129191111j:plain

本来の自分の姿とは

もし、できない自分がただの思い込みだったら、どうでしょうか?

 

何でもできる憧れの人が、自分の身体に入ったら、ピンチと思った場面も、なんなくやりこなすかもしれません。

 

もしくは、いまの自分の精神のまま、10歳若く戻ったら、なんでもできてしまうかもしれません。

 

知らず知らず、ブレーキをかけてしまうのは、自己防衛反応であり、それ自体は必要なものですが、

 

もし、そんな思考でいつも傷ついてしまうなら、変わることはできます。

 

ガチガチ思考を緩めるには、まず、そうした仕組みに気づくことが大切といわれます。

 

マインドフルネスで、そうした自分の思考の癖に気づくことができれば、思い込みという呪縛から解放される一歩になるはずです。

 

 

 

www.ot3life.com