心と体を軽くするLIFEセラピー

【作業療法×予防医療】

アサーティブコミュニケーション【自他尊重の自己表現】

f:id:ot3life:20200117185144p:plain


アサーティブ・コミュニケーションのアサーティブという言葉は、自己主張をさします。いっけん、自己主張というと、攻撃的な主張をイメージするかもしれませんが、自他尊重の自己表現です。

 

日頃、自己主張できない方や、言い方が悪くて相手を怒らせがちな方や、言った後に自責の念で悩む方にとって、とても使えるコミュニケーション法です。

 

 

3つの自己表現法

たとえば、混雑した喫茶店でコーヒーを注文したのにもかかわらず、紅茶がはこばれてきたとき、あなたはウェイトレスにどう対応しますか?

 

①いそがしい昼時だし、むりを言えないとおもって紅茶をのむが、あとで言えばよかったと後悔する。

 

②「注文したのとは違いますよ、何を聞いてるんですか」ともんくを言って取りかえてもらう。

 

③「紅茶ではなくコーヒーをたのみましたよ、いそがしいと思いますが取りかえてくださいね」ときちんと依頼する。

 

この例では、①はノンアサーティブ(非主張的)、②はアグレッシブ(攻撃的)、③はアサーティブ(自他尊重の自己表現)コミュニケーションとして分けられます。

 

①ノンアサーティブ(非主張的)とは

これは、相手にあわせ、自分の感情をおしころした行動です。イヤと思ってもはっきり断らないで、結果の怖さをかんじる傾向があって、引きうけてしまいます。すなおでなく、気持ちをおさえているだけに「私がゆずってあげたのに・・・」という恩きせがましい気持ち、さらには恨みがましい気持ちが残りやすいといわれます。

 

人に嫌われたくないという思いや、人との葛藤を避けたいという思いが強いと、この選択を選びやすくなります。

 

②アグレッシブ(攻撃的)とは

これは、相手のことは考えないで、何より自分のことを優先する行動です。自分の気持ちをおさえることなく、しかも相手をこうりょしないだけに、相手は不快な気持ちをいだきやすいといわれます。

 

他人から軽視されることを怖れ、相手に勝とうという思いがつよいと、この選択を選びやすくなります。

 

③アサーティブ(自他尊重の自己表現)とは

アサーティブ行動とは、「自分の人権のために立ちあがり、自分の考え・気持ち・信念などを、素直に、他者の人権をおかすことなく、適切な方法で表現すること」です。

 

ポイントは、相手をはいりょしつつ、自分の考えや気持ちを、すなおに表現することです。

 

アサーティブの歴史

アサーティブな考え方は、アメリカで1950年代に自己表現が苦手な人たちのためのカウンセリングの方法として開発されました。

 

 また、60年代の公民権運動のなかから人間性回復運動としてうまれた経緯があります。やがて70年代にはいりアルベルティとエモンズによってかかれた「Your Perfect Right」(あなたの完全な権利)がベストセラーとなり、人権としてのアサーティブが広まったといわれます。

 

このアルベルティ博士らは、自分らしく生きるためにアサーティブ行動をしょうれいしており、「わたしのしようとする行動は、この人と親しい関係になるのか、離れることになるのか」と、その時々に自問自答しつつかかわろうと進めています。

 

メッセージの送り方

ここで、どんなスタンスに立ってメッセージを送るかは、IメッセージとYOUメッセージの二つがあります。

 

先ほどの喫茶店の例でいうと、あなた(YOU)を主語にしたYOUメッセージでは、「注文してたのと違うよ、何を聞いていたの。取り換えてよ」と、相手を決めつけるニュアンスが感じられ、こうあるべきだといった断定的な響きがあります。

 

それに対し、私(I)を主語にしたメッセージでは、「私はコーヒーが好きで、このひと時を楽しみたくて寄ったの、だから取りかえてくださいね」と、抵抗感がでにくい響きがでます。

 

アサーティブ・マインドの高め方

英国でコミュニケーション・スキルを指導するアン・ディクソンが挙げるアサーティブになる権利を11個あげてます。

 

1.私には自分の要求を言葉に表し、日常的な役割に縛られない一人の人間として、物事の優先順位を決める権利がある

 

2.私には、賢くて能力のある人間として、対等に、敬意を持って扱われる権利がある

 

3.私には、自分の感情を言葉で表現できる権利がある

 

4.私には、自分の意見と価値観を述べる権利がある

 

5.私には、「イエス」「ノー」を自分で決めて言う権利がある

 

6.私には、まちがう権利がある

 

7.私には、考えを変える権利がある

 

8.私には、「よくわかりません」と言う権利がある

 

9.私には、欲しいものを欲しいと言い、したいことをしたいと言う権利がある

 

10.私には、他の人の問題に責任を取らなくてもいい権利がある

 

11.私には、人から認められることをあてにしないで人と接する権利がある

(アン・ディクソン)

 

 

これらの権利を声に出して読むことで、自らの内に、相手も大事、自分も大事、という、アサーティブ・マインドの自覚を高め、実践していける意識がわくでしょう。

 

I am OK

You are OK

のスタンスでいれたら、きっと今より生きやすくなります

 

 

www.ot3life.com