自然×作業療法

自然のなかで心と体をととのえる

【自然欠乏症候群】驚くほどADHDと共通

 

f:id:ot3life:20191102061846j:plain

自然欠乏障害って聞いたことありますか?アメリカの都心部の子供達から生まれた病名で、自然の欠乏した生活を送ることで、心身に不具合が起きる障害です。

 

体のだるさ、不眠、慢性疲労、うつ・・・理由のはっきりしない「不調」に悩まされ続け、病院や健診を受けても、疲労やストレスと片付けられてしまいがち。

 

特に最近多いといわれる注意欠陥多動性障害と驚くほど症状が共通します。

 

日本統合医療学会 静岡・山梨勉強会にて、朝霧高原診療所の山本竜隆支部長から自然欠乏症候群について学んだことをまとめました。

第3回IMJ富士山支部 勉強会

 

自然が不足した生活

朝、電子音で目が覚め、アスファルトの上を歩き、空調完備のオフィスでPC画面と向き合い、スーパーの総菜を電子レンジで温め、深夜までTVをみて消灯。

心当たりありませんか??

 

最近の健康問題の多くは「働きすぎによる慢性疲労」や「人間関係によるストレス」など言われてますが、ここで新たな視点として「自然が不足している」ことを取り上げてます。

 

近代医学の父と呼ばれるヒポクラテスは、「人間は、自然から遠ざかるほど、病気に近づく」ことを指摘しました。

 

現代人なら誰もが陥る危険性がある自然欠乏症候群。

 

「心も体もすぐれない」「気力・体力ともに不足」という状態が当たり前の状態になってしまっています。

 

自然欠乏症候群

欧米では子ども達が「自然」から遠ざかった結果、次の症状があらわれました。

 

・ひとつのことに集中できない。

・落ち着きがなく、じっとしていられない。

・忍耐力がなく、かんしゃくを起こす。

・他人に対する気遣いができず、友達とうまく遊べない。

 

さらに、運動機能に関する症状もあります。

・平衡感覚が乏しく、よく転ぶ。

・視野が狭く、すぐ横で起きていることや、横から迫ってくるものに気づかない。

 

自然欠乏が招く深刻な症状

人工的な空間では自然の中ほど豊かな五感のバリエーションは得られないため、本来持っている感覚が衰え、世界を感知する能力も貧しくなってしまいます。

 

自然の中で五感を使って周囲に気を配る感覚的集中と違い、都会での集中は意識的に何かに向けて集中する指向的集中が主です。

 

この結果、行動が衝動的になったり、イライラや焦燥感などに悩まされるようになります。神経がピリピリと鋭敏になり、脳が疲れた結果、オーバーヒートして注意力がなくなってしまいます。

 

自然欠乏症候群の原因

・自然環境の不足

周囲に「自然」が少ないため、能動的にならない限り、自然と接することがない。

 

・人工的な環境

コンクリートや鉄で作られた建物、内部も新建材や塗料など化学合成物質。接着剤にはホルムアルデヒドによるシックハウス症候群

 

 シャンプーやタバコなど化学物質が原因となる化学物質過敏症

 

・体内に侵入する化学物質

煙草や排気ガスとなって肺から侵入し、農作物は農薬や化学肥料が使われ、加工食品には保存料や着色料をはじめとする合成添加物が大量に含まれ、口を通して体内に侵入する。

 

 電気製品から発生される電磁波や、パソコン、スマホ、TVからのブルーライトも自然界に存在しないものです。

 

・地球の自転を無視した生活

昼夜逆転の生活を送ったり、エアコンの恩恵で年間を通して快適温度で暮らす生活。

 

単に近くに山や川がないだけじゃないんだね

地球のリズムを無視した生活もだな

 

自然な生活とは

日本の一般家庭で普通に電気がつかえるようになったのは、約100年前です。

 

ということは、私たちからおよそ3~4代前の先祖たちは、電気のない暮らしをしていたようです。

 

・生活サイクル

朝は早くから起き、夕方になるとその日の仕事は終了。帰宅後は食事や入浴を済ませ、早い時間に寝てしまう。つまり、太陽の動きに合わせた生活です。

 

・食事

メインになるのは野菜と魚。肉はめったに食べず、脂肪分の高い食材はほとんどありませんでした。すべての食べ物には旬があり、住んでいる土地以外でとれたものを食べることもありません。

 

・住まい

高温多湿の日本の風土によくあった、木と紙、そして漆喰または壁土の家に住んでいました。

 

・環境

自然のすべてが身近にあるのが当たり前でした。井戸水で煮炊きをし、洗顔をし、土を踏んで歩き、緑は常に目に入ってきたことでしょう。

 

優先順位という視点

自然で健康的な生活を望みながらも、不健康で自然と無縁の生活を送っている。自然欠乏症候群に陥っているすべての人に当てはまる視点とは、優先順位という視点です。

 

 あなたは文明に麻痺していませんか

 石油と水どっちが大事ですか

 車と足はどっちが大事ですか

 理屈と行動はどっちが大事ですか・・・

 (倉本聰さん。「富良野塾」開設時の起草文の一部)

 

経済性や利便性を優先するなら、水より石油、足より車でしょう。そして、多少の不調は仕方ないとあきらめる。それが現代人の実態です。

 

体に良くないものを常食していながら具合が悪くなったら病院に行き、薬を飲んで症状をごまかす。それでは決して健康にはなれないとすでに気づいているけども。それが自然欠乏症候群の最大の原因です。

 

ここで基準を「命」にすると、選ぶものは正反対になります。つまり、優先順位の違いです。

 

まとめ

人工的な環境では、指向的集中による疲労に陥り、その結果、衝動的行動、苛立ち、焦燥感、注意力低下が現れます。

 

優先順位を「利便性」から「命」にすることで、選ぶ行動は正反対になり、心も体も健康になるでしょう。

 

まずは自分の体に何が足りないのか、リズムはどうなのかを感じ取り、そして自分が陥っている「不自然さ」に気づくこと。

 

そして、少しずつでもいいから「自然」と触れ合うこと。そんな大切なことを学べました。